東京都東久留米市を中心に東京都の屋根葺き替え工事なら、長持ち、センス、安心価格の関東リフォームへ!

よくあるご質問お問い合わせお電話によるお問い合わせ 0120-88-3332
まずは無料見積!9:00〜19:00(土日も営業中)
電話をかける
0120-88-3332

屋根葺き替えのリフォーム

お客様のご検討中のリフォーム内容について、私たちのサービスを紹介をしております。
ご不明点がございましたら、お気軽にお電話か、メールフォームにてご連絡ください。

カバー工法(重ね葺き)

今ある屋根材の上に新たな屋根材を乗せて二重屋根にする工事。
屋根のカバー工法(重ね葺き)の画像 二重屋根なら解体が不要で、工期も短く、費用も安いのが特徴です。
屋根材にサビやヒビが目立つものの、下地の傷みが少ない場合や施工可能な家屋の構造の場合に適しています。
断熱性や遮音性もアップしたいときにおすすめです。

カバー工法のメリット

  • 古い瓦の解体や処分が不要。
  • 廃材が少ないのでエコなリフォームに。
  • 葺き替えに比べて解体時に大きな音やホコリが立ちにくい。
  • 葺き替えに比べ工事期間が短く、費用が抑えられる。
  • 仕上げが二重になるので、断熱性と遮音性が高まる。

カバー工法のデメリット

  • 上からかぶせるので下地が腐食していてもそのままになってしまう。
  • かぶせた分、屋根が重くなる。


葺き替え

今ある屋根材を撤去して新しい屋根材を乗せる工事。
屋根のカバー工法(葺き替え)の画像 既存屋根材や下地の解体が必要で、工期も長く、費用も高いのが特徴です。
屋根材はもちろん下地まで傷んでいる(腐食している)たり、既に雨漏りをしている場合は、下地のやり直しも含めて葺き替えをおすすめします。

葺き替えのメリット

  • 表面の瓦だけでなく、下に敷いてある防水シートも交換するので、下地の腐食を補修することができ、屋根全体を健康に保つことができます。
  • 軽い屋根材にリフォームすれば、耐震性をアップさせることもできます。

葺き替えのデメリット

  • カバー工法に比べ、解体工事の手間で工事期間が長く廃材の処分がある分、費用が高いことです。
  • 解体による音やホコリの問題でトラブルが起きることもあるので、細心の注意が必要です。

メンテナンス時期
屋根材 点検時の目安 主な点検項目
粘土瓦 5〜6年に1度 ズレ、割れ、苔がないか
化粧スレート 4〜6年に1度 色あせ、色落ち、ズレ、割れ、さび
金属系屋根材 2〜3年に1度 色あせ、色落ち、さび、浮き
ガルバリウム 4〜6年に1度 色あせ、色落ち、さび、浮き

ガルバリウム鋼板がおすすめ!

屋根材「ガルバリウム鋼板」で葺き替えのメリット

ひとえに屋根材といっても、その種類や使用材質は様々。
その中でも、カバー工法や葺き替えにおすすめなのが、『ガルバリウム鋼板』。通常の商品で日本瓦の1/10の軽さです。
ガルバリウム鋼板の画像 耐震性向上に務めるだけではなく、表面に遮熱塗料をコーティングしたものや、耐久性が高いフッ素樹脂塗料をコーティングしたものなどは、酸性雨にも色あせしにくく、美しさが長持ちしてくれます。
瓦の裏面に硬質ウレタンフォームを備えているので、優れた断熱性を発揮。冷暖房効率を高めてくれます。


お申し込みフォーム

リフォームパートナー協議会リクシルリフォーム加盟店TOTOリモデルクラブ国土交通省認定 日本住宅保証検査機構日本屋根診断士協会
外壁塗装の業者比較ナビALSOKホームセキュリティ取扱店セコムホームセキュリティ取扱店賃貸百貨バナー広告募集中

関東リフォーム 本社 〒203-0042 東京都東久留米市八幡町1-8-1 東京営業所 東京都東久留米市前沢5-16-11
TEL 042-470-8088  一般建設業  東京都知事 許可(般-21)第132220号